働きながら 税理士 無理

税理士試験に合格して有資格者として働けるようになりたいけれど、試験対策のために今の仕事を疎かにはできないという人もいるでしょう。仕事をして給料を得ていないと生活が苦しくなることもよくあります。実際に働きながらデリヘル税理士を目指して成功している人はいるのでしょうか。この記事では仕事をしながら税理士資格を取るのが現実的に可能なのかどうかを色々な角度から考察します。

税理士試験の受験資格

働きながら税理士を目指したいと考える人も置かれている状況は様々でしょう。国家資格である税理士の資格は難関だということはよく知られています。国家資格の中には大学や指定養成機関などで十分な教育を受けた人しか取得できないものも少なくありません。まずは税理士試験の受験資格を見て、働きながら取れる可能性があるのかを見極めましょう。

学歴や資格があれば受験可能

税理士試験を受験するための条件として挙げられているものはたくさんありますが、どれか一つを満たしていれば受験可能です。大学・短大・高等専門学校を卒業していて、法律学または経済学を1科目履修しているだけでも受験資格は得られます。ただ、卒業した学校や学部によってはこのような科目を履修していないこともあるでしょう。しかし、学歴的には無理でも働きながら受験資格を得られる可能性はあるので心配ありません。

 

また、税理士に関連の深い資格試験で合格していると受験資格を得られます。司法試験、公認会計士試験の短答式試験、日商簿記検定1級、全経簿記検定上級のどれかに合格していれば受験可能になります。もしこれらの試験に合格していないなら、取得できそうなものを選んで先に合格し、次に税理士試験を受けるというのが基本的な流れです。

2年以上の実務経験があれば受験可能

現場での実務経験によって税理士試験の受験資格を得ることもできます。税務官公署の事務、国税や地方税に関わる官公署の事務、税理士・弁護士・公認会計士などの補助事務などを2年以上担当していれば受験資格を得られます。法人で働いていて会計事務を担当していたり、個人事業主として自分で会計事務を行っていたりした場合にも2年以上の経験があれば受験できます。銀行や信託会社などで資金の貸し付け・運用に関連する事務で2年以上働いていていた人も該当します。

働きながらでも税理士を目指すのは無理ではありません

このようにして見てみると学歴や資格で条件を満たしているときにはどこで働いていても税理士になれる可能性があります。しかし、それ以外の場合には会計や税務に関わる業務に携われる職場で働きながら勉強することを考えるのが良いでしょう。まだ全く経験がない場合には2年以上必要になりますが、その間に実務から学べることもたくさんあります。受験対策になるノウハウが身につくことも多いので、働きながら税理士を目指したいなら関連する実務に従事できる職場に移っておいた方が良いでしょう。

page top